2020年03月11日

引っ越し 料金

引っ越しの見積もりをもらうときに、こんなことを言うと料金を高く出されてしまうというNGワードがあります。

それは『あいまいな日程』と『時間指定』です。

『あいまいな日程』というのは、たとえば「だいたい XXにちぐらいです」とか「引っ越し日は決まっていません」などです。

日程を指定しない場合は、業者からしてみれば、たとえばかき入れ時の週末に引っ越しを依頼されるかもしれません。
そういったことを加味したうえで、損をしないような高めの値段(かき入れ時の日での見積もり)を出さざるを得ません。

また、「決まっていません」という言葉は、もしかしたら引越ししないかもしれない可能性を示唆することになるため、引っ越し業者も本気で値引きを考えてくれないかもしれません。

また、『時間指定』というのは、たとえばラッシュ時間帯などにかかる見積もりは、運送に時間がかかることから見積もり額が高くなりがちです。

「X日からx日までの間で(引っ越しの意思を確実に示す)、時間帯はお任せしますので、できるだけ安い日時で」というのが、賢い頼み方です。
ラベル:交渉 値引き 料金
posted by 引っ越しクイーン at 13:49| 引越し 料金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする