2020年04月21日

引っ越し 祝い

引っ越し祝いって、いらないものを貰っても困りますよね。

できれば、消費(消耗)できるものだと助かるのですが、ときどき趣味に合わない食器とかもらうことがあったりして、困ります。

子供がいればバザーとかで寄付するのですが、なかなかそうもいかず・・・

私が貰って助かったのが、コーヒーみたいな消耗品です。

日持ちしますし、ちょっとしたお礼として人に渡したりすることもできますから、使い勝手が良いのです。



posted by 引っ越しクイーン at 23:09| 引っ越し祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

引っ越し 祝い

引っ越し祝いで無難なのは、やはりカタログギフトだと思います。

せっかくの新居ですから、自分好みの家具やキッチン用品を揃えたいと思うのが女心です。
そんなときに、趣味に合わないものをもらっても、タンスの肥やしになったり、置き場所に困ったりしかねません。

前に、「カタログギフトがいいんじゃない?」と言ったら、旅行のカタログを送ろうとした友人がいます。

自分が行きたいだけじゃないの?? と突っ込みたい気持ちを抑え、相手はお子さんがお腹にいるかもしれないし、旅行じゃないほうがいいんじゃない?と伝えました。その後、どうしたかまでは知りませんが・・・

カタログギフトにもいろんな種類がありますので、選ぶときは相手の立場になって考えてみる必要があるのは、カタログだろうと品物だろうと同じことですよね。
posted by 引っ越しクイーン at 16:27| 引っ越し祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

引っ越し 祝い

引っ越し祝いで外さないのが、食料品です。

消耗品であっても、洗剤とかハンドソープなどは香りの好みがあったりして、せっかく貰っても使わないこともあります。

引っ越し後は何かと来客が増えるものです。
そういったときにお客様にお出しできるコーヒーとかドリンク、お菓子などがあると助かりますから、ちょっと高級目な食材、普段は買わないようなものだと尚良しです。

posted by 引っ越しクイーン at 23:54| 引っ越し祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

引っ越し 祝い

引っ越し祝いを送るとき、いくらくらいのものを選ぶか迷いますよね。

引越し祝いの相場は、一般的に5,000~10,000円と言われます。親戚・兄弟では30,000~50,000円が相場だそうです。

もし家を新築して引っ越した場合には、新居が完成してから1~2ヶ月以内に贈りましょう。
親戚であれば10,000円程度、友人は5,000~10,000円くらいのものを選びましょう。



posted by 引っ越しクイーン at 09:52| 引っ越し祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

引っ越し祝い

上司や同僚が引っ越しをしたとき、
引っ越し祝いを送りますよね。

引っ越し先が持ち家で、
しかも新築だったりしたら、
「新築祝い」という名前になりますが、
いずれにせよ、
プレゼントやお祝い金を渡すのが一般的です。

引っ越し祝いの相場は、
上司や友人だったら
5000円から1万円くらいだそうです。

親戚や親兄弟であれば、
3~5万円くらいが良いとされています。

気の利いたプレゼントを用意するのが普通ですが、
親しい間柄であれば、
現金を包んだほうが
有り難がられる場合もあるでしょう。

渡すタイミングは、
引っ越し後、1~2ヶ月以内が良いとされています。

プレゼントを用意する場合、
火を連想されるものは縁起が悪いので
避けたほうが無難です。


私が貰って嬉しかったものは、
ご当地グルメです。

というのも、私はインテリアにこだわりがあるので
家電や食器などを貰っても
自分の好みに合わない場合は、
捨てるわけにもいかず、困ってしまうのです。

だから、消費される飲食物だと助かります。

でも、スーパーなどで買えるものは
失礼な話かもしれませんが、
貰ったとしても、さほど印象に残りません。

だから、普段、自分では買わないような高級食材、
手に入りずらいご当地ものなど、
後々、話題になるような食材だと、
次に会った時のお礼も言いやすくて良かったです。

posted by 引っ越しクイーン at 09:38| 引っ越し祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする